Frontend Conference Fukuoka 2018参加

frontend conference fukuoka 2018 12 09 23 36 08

12月8日にLINE Fukuokaで開催されていたフロントエンドカンファレンス福岡に参加しました。 大阪から新幹線を利用しての日帰り参加でした。

https://frontend-conf.fukuoka.jp

セッション感想

Web開発者のためのクロスプラットフォームアプリ開発

多く存在するクロスプラットフォームアプリケーションを支えるフレームワーク等の紹介でした。

Web開発者のためのクロスプラットフォームアプリ開発

近年、React Native、Ionic、NativeScriptなどクロスプラットフォームアプリ開発のためのフレームワークがでてきました。 これらはHTML/CSS/JavaScriptなどのWebの技術でAndroidやiOS、またはデスクトップやWebに対応したアプリが作れます。 ...

IonicによるCapacitorは初耳でした。 ネイティブとWebのいいところどりをやってくれそうです。 周辺技術の動向を広く知れるセッションでした。

ApolloとTypeScriptを使った型安全なクライアントサイドGraphQL開発

内容はタイトルのままです。途中でApolloを使用したAngularプロジェクトのコーディングが有りました。

demo repo: https://github.com/lacolaco/apollo-angular-codegen-demo

TSのコードを生成する仕組みは主に2つ有り、有ったものを選ぶ事になりそうです。

  • Apollo CLI

    • コード中のgraphqlクエリを検索し、レスポンスに対応する型定義を自動的に作成
  • GraphQL Code Generation

    • クエリだけを書いたファイルを用意すると、型付けされたクライアントコードが生成される

用意するための手順が煩雑ですが、エコシステムの充実具合が思っている以上に高かったです。 クエリの自動キャッシュ機能などのも存在するので、大規模な開発を行う上では良い選択肢になりそうです。

Ready for React v17

これまで・これから実装される特徴的な機能についての紹介でした。

Function Componentをより良く使うための React.memo Hooks や、 17で実装される予定の Suspense 等が紹介されました。 非同期への対応が進むと、要求が多い業務アプリケーションが非常に書きやすくなるので、17のリリースが非常に楽しみです。

このようにアップデートが活発なReactですが、非推奨の機能を使用していることに気づくために、React.StrictMode が用意されており、継続的に改善することも用意らしいです。

これからのWebアプリケーションに求められるアクセシビリティの設計と実装

ディーゼロ・ヌーラボさんの対談形式のアクセシビリティに関するセッションでした。 自分は途中から参加しました。

アクセシビリティは考えれば終りが見えない分野なので、以下のターゲットに対して重点的に対応しているようです。 日本で一番利用者が多いPC Talkerは、対応が無限に難しいので現時点では対応していないようです。

  • 利用者が全盲
  • OSがWindows
  • OSSのNVDAを利用している

PC Talker触ったことも有り、しんどいなこれという感想だったんですが、ヌーラボでも合理的な妥協点を決めていると安心しました。職場ではApple製品に搭載されるVoiceOverで使えるようにという指標を使用したことも有ったので、似たような感じだなと思います。

2018年におけるCMS

WordPressをGatsbyに代表される静的サイトジェネレーターに置き換えることによって、運用保守を楽にしたという話です。

管理画面・表示部分を分けることで、チームに合った技術選択等を行うことが可能になります。 ここでは、記事の管理を行うサービスとして Contentful strapi WordPress Shopify esa.io を紹介していました。 WordPressもREST-APIを使用することによって、記事管理の機能だけを使うことが出来ます。

ただABテストに使用するような、GTM等で挿入されるコードが動作しない場合も多いので、苦労も多いそうです。

The “Hooks” in Front-end

Reactで現在試験的に公開されているHooks機能の紹介です。

仕組みを作る仕組みを、作る仕組みを作る

Googleのえーじさんによる、未来のWebの話でした。 スライドは現時点で公開されていないようです。

ビジネス要件を満たすアプリケーションという仕組みを作る立場のエンジニア、そのアプリケーションにライブラリという仕組みを提供するエンジニア、そのライブラリにAPIという仕組みを提供するエンジニア、そのAPIをベンダー間で協力しながらより良いものを作っていくという大きな仕組みが有るという話は非常に興味深かったです。

具体的には、仕様の策定にGithubを使用していることや、ベンダープレフィックスに変わる、機能を試験的に提供するための仕組みを整備していたりと、その活動は多岐に渡るようです。

Webページの高速化という観点では、WebPackageという仕組みで、署名されたコンテンツの再配布・Webページのコンテンツを1つのファイルにパッケージ化を行う事ができるようにしているらしいです。その機能をブラウザに実装することによって、Googleが提供しているAMPをより一般的に実装することが出来るようになります。また、WeChatなどが提供しているMiniAppのような機能にも対応できるのではないかという話もあるらしいです。

Webは情報を得るためのプラットフォームではなく、アプリケーションを構築するためのプラットフォームへと進化しているという事がよくわかりました。最後にこんな言葉が紹介されていました。

web is the only platform no one owns

Webの1開発者としても、これが長く持続する事を望んでいます。

おわり

懇親会チケットは、募集開始後2時間で売り切れるという驚異的な争奪戦で、その枠に入ることは残念ながら出来ませんでした。

2時間後にはコレ

せっかく大阪から参加したので、懇親会も行きたかったですが… 全体の枠が100という限られた状態で、本編のみの参加出来ただけでも喜ぶべきっぽいですが。

近年、PHP Conference FukuokaScala Fukuokaなども開催されており、福岡のエンジニアが盛り上がってきているのを身近に感じられるようになりました。 福岡でのフロントエンドの大きなイベントも、調べた限りではこれが初かなと思います。

自分も福岡で登壇することも増えてきているので、一緒に盛り上げて行けたらなぁと思っています。

続きを読む

Scala関西Summitでの発表・ネットワーク構築

この記事はOIC ITCreate Club Advent Calendar 2018 4日目の記事です。 https://adventar.org/calendars/3072

去年に引き続き、2018年11月10日(土)-11日(日)の2日間に渡って開催されていたScala関西Summitへスタッフ・発表者として参加していました。 1日目が4トラック並行のカンファレンス・2日目が会場を変えてアンカンファレンスという進行でした。 関西では最大のScalaイベントだと思います。

scala kansai 2018 12 01 13 25 08

https://2018.scala-kansai.org

発表: Akka-HTTPで作るAPIサーバ

1日目の資料です。

Akka HTTPは大規模アプリケーション・入門に適したライブラリであるという紹介でした。 ウェブフレームワークではなく、HTTPのサーバ・クライアントに特化しているので、学習もしやすく、カスタマイズ性も高いアプリケーションを構築することが出来ます。

感想ブログもありがとうございます。 慣れない発表でしたが、伝えたいことが伝わっているようで嬉しいです。

発表: 関数型言語で始めるネットワークプログラミング

2日目の資料です。

fastpaseがバイト列へのパーサーが書けるということで、DHCPパケットをパースしたり、 pcap4jを使ってパケットの送受信を行いました。 実用性は無く、趣味と考えていただけると嬉しいです。

https://www.lihaoyi.com/fastparse/

ネットワーク構築

会場WiFiの敷設に協力していました。

機材は、APにはCisco Air c3502i・ルータ兼WLCとしてCisco 3825等を使用しました。 フロントに固定IPv4が振られた専用線が来ていたので、ルータ(3825)を接続します。 そして、ルータとさくらのクラウド上に立てたVyos上でipipトンネルを張り、クラウドのVyosからNATを通じてインターネットに接続していました。

scala kansai IMG 3895

各部屋へは、パッチパネルを通じて接続が行える構成になっていたので、PoEスイッチを用いて給電・疎通を取りました。ただ、大きい会場の一部は、間にL2スイッチが挟まっていたので、PoE給電が行えなかったので、補助電源を使用しています。

scala kansai 2018 12 01 13 37 46

上流は100Mbpsなので、ある程度の帯域を安定して通信できるようにという想定です。 アンケートでも調査しましたが、ほとんどの端末で安定してネットワーク接続を行えていたようです。 出口は上にも書いたようにさくらのクラウド上に構築したVyosだったので、ネットワークがSakura Internetになっています。

scala kansai IMG 3886

書籍販売

主催者のご厚意で、先日技術書典5で販売したAkka HTTP本の販売をさせていただきました。 実践Scala入門Scalaをはじめよう! ─マルチパラダイム言語への招待─ 等の本と並んでの販売だったので、非常に恐れ多かったです…

Scala KS 00308

↑書籍ブースの様子。休み時間に賑わう。

Boothで、書籍+PDFを700円+送料・PDFを300円で販売しているので、よろしくおねがいします。 https://kinyoubenkyokai.github.io/book/techbook05/

懇親会

1日目の終りに懇親会がありましたが、その食事手配とかも実はやっていました。 (お金を払っただけですが) とても美味しい料理を用意していただいて嬉しいです。

Scala KS 00863

おわり

1月から準備をしていたイベントが終了して感慨深いですね。 好きな言語のカンファレンスに色々な方面から参加できて非常にやりがいがありました。 来年も、また来年もと続けていければ良いなと思います。

続きを読む