3Dプリンタを買って出力するまでの1週間

3DプリンタANYCUBIC Vyperを購入し、Fusion 360で作ったモデルを出力した1週間くらいのログです。 初学者の参考になれば幸いです。

3d printer beginner 2021 09 30 19 03 41

Autodesk fusion 360の勉強

3Dプリンタを買うモチベーションとして、配布されているモデルの印刷には興味が無く、自分で設計したモデルの出力を行いたい所が大きかったのでCADの勉強から始めた。 設計で挫折すれば大きな3Dプリンタはゴミとなってしまうので、早く・安く失敗するためにここから学ぶことにした。

調べてみるとAutodesk fusion 360は個人利用であれば無料で利用でき、大きな機能制限もないのでこれをインストールする。 学生の時に作ったAutodeskアカウントでログインすると、アカデミック版となってしまったので別のアカウントを取り直した。 https://www.autodesk.co.jp/products/fusion-360/overview

操作方法については以下の順序で資料を読み、2,3日程度かけて自作で簡単な3Dモデルを作れるようになった。 Illustrator,Eagle等のソフトウェアでの操作に慣れていれば習得はスムーズに行えるように思う。

  1. https://www.myautodesk.jp/JEFF/Fusion360ATC201603.pdf

    • 若干画面が古く、メニューの名前・階層が異なっていた箇所が有り難しかった
  2. https://www.autodesk.co.jp/campaigns/fusion-360/tutorial/beginner

    • 新しいUIに追従しており分かりやすい
    • モデリング・アセンブル・図面の一通りの作業が学べる良い資料
  3. https://lecture.nakayasu.com/?p=1392

    • 個人ブログ
    • 身近なものをモデリングすることで練習を行う
    • 幾何学的な物体のモデリングを行いたかったので、練習4あたりまで参考にした
  4. https://3dcad.hatenablog.jp/entry/2019/04/06/131738

    • 個人ブログ
    • シンプルなモデリングから複雑なモデリングまで、練習課題と回答例が紹介されている
    • 部品のモデリングがをいくつか参考にした

記事に従い蝶番を作った。

3Dプリンター購入

よくDIY用途で利用されるフィラメント素材は、PLA,PETG,ABSの3種類。 ABSについては対応した3Dプリンタが限られるので、印刷する予定が有れば対応状況を確認するのが良いようだった。 とりあえずPLAでの印刷に慣れ、将来的にPETG,ABSに挑戦してみようと考える。

  • PLA: 特性が良く印刷しやすい・やや脆く紫外線耐性が低いので屋外用となどには向かない
  • PETG: 耐候性や適度な弾力も有り屋外用途に向く・糸引きが多い
  • ABS: 耐候性や強度面で優秀・反りが非常に大きく印刷の難易度が高い

そして、最終的にANYCUBIC Vyperを購入。 選択するにあたっての判断軸は以下の通り。

  • 前モデルMega SをYoutubeのレビュー動画で知っていた
  • Mega Sと比較してVyperは静音・オートレベリング搭載・値段差が少ない
  • ちょうどAmazonで安く購入できた

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B095P6CC68

フィラメントは太さが1.75mm,2.85mmの2種類あるようだが、良く分からないので1.75mmのPLAを購入。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B08DG4GZ7M

ANYCUBIC Vyper到着・サンプルデータの印刷

開封後10~15分程度で組み立ては完了した。 フィラメントを入れる方法が有っているのか等不安だったが、結局の所ある程度雑にやっても大丈夫そうだった。

付属しているSDカードに入っていたデータを印刷してみた。 オートレベリングを行ったのみで、他に調整は行っていない状態でまぁまぁな品質で印刷が行えた。

自分で作ったデータを印刷する

ここは少し苦労した。 印刷するには以下のような手順を踏む

  • fusion 360

    • 設計
    • モデルをSTLファイルに保存
  • Ultimaker Cura (スライサー)

    • STLファイルを読み込む
    • 3Dモデルから3Dプリンタのヘッドの動き/フィラメントの射出量などを計算する
    • gcode形式でSDカードへ保存する
  • 3Dプリンタ

    • データを選択して印刷開始

スライサーは別のものも利用可能なようだが、ANYCUBICがCura向けのプロファイルを用意していたのでこれをインストール。 https://ultimaker.com/ja/software/ultimaker-cura

多くはデフォルトの設定のままで良いのだが、メチャクチャに設定項目が多く全体を理解するのに時間がかかった。 以下の記事がとても参考になった。 試しにSpeedを下げて騒音レベルを下げたり、Build Plate Adhesion TypeをBrimからSkirtに切り替える等の調整を行った。 https://note.com/y_labo/n/nee490a276494

↓fusion 360での様子 3d printer beginner 2021 09 30 19 03 04

↓STLファイルを読み込みスライスした様子 3d printer beginner 2021 09 30 19 03 41

↓完成品

おわり

1週間以内(業後の時間+土日休み)である程度自分が欲しい物を設計・出力まで行うことができた。 ある程度PCの操作に慣れていればCADの習得も大きなハードルにはならないように感じたが、敷居は低いので3Dプリンタの購入前にCADの練習から行うのが良いように感じる。 全てが楽しい上に金額面での負担も少ないので、みんな部屋を片付けて3Dプリンタを購入してほしい。

続きを読む